man

製品に対する事実誤認

国内医師処方の適格性

前述のようにED治療薬のネット購入は非常に危険ですが、ネット購入でなくてもバイアグラなどED治療薬は危険性があると誤解していらっしゃる方もかなり多いのではないでしょうか。
その最大の原因はバイアグラが販売されたときの日本におけるマスメディアにおけるED治療薬に対して危険性を煽る報道の影響があるのではないかと考えられます。
それはバイアグラが販売開始された当初は夢のような薬であると騒がれる一方でバイアグラは心臓に悪く、服用すると死亡する危険性があるというようなネガティブなニュースもかなり広がりました。
確かに発売当初死亡例が相次いだことも事実です。 しかしそれは狭心症や心筋梗塞などの心臓病の薬、例えばニトログリセリンなどと併用したために起こった事故なのです。
これもインターネットなどから勝手に個人輸入したりして医師の処方なしで服用してしまった結果なのです。バイアグラはもともと勃起を促すために血管を拡張させる働きがあります。
そのためニトログリセリンのような心臓への負担を減らすために全身の動脈を拡張させて血圧を下げるような薬とED治療薬を併用してしまうと血圧が極端に下がってものになってしまい死亡してしまう危険性があるわけです。
当然のことですが、医師はこのような薬のことは充分認識していますので医師の処方であれば絶対に死亡事故のような事は有り得なかったはずなのです。
ところがわれ先にと心臓病があり、ニトログリセリンのような薬を服用している人が自分勝手に個人輸入して飲んでしまったため残った事故だと考えられるわけです。

理解することの重要性

この事故から学べることは、ED治療薬という製品は単なる精力剤のようなものではなく、れっきとした医薬品で明確な効果を発揮するからこそ、正しく服用する必要があるということです。
ED治療薬そのものに危険性があるわけではなく、問題を生まないようにするために間違った使い方の危険性を理解して、正しい服用と効果の発揮を期待できる状況で利用するのが重要だということだと知るのが、ED治療薬を安心して服用するためのポイントです。
正しく理解することの重要性は高いという点を踏まえて考えれば、服薬指導を受けられる医師の指導を受けた上でED治療薬を入手するのがいかに重要かもわかります。危険性の影響をうけるようなことがなくても、正しい服用方法で利用しないと効果が正しく発揮されず、期待した結果とは違うという問題につながることもあります。
ですから、正しい理解のためにも医師の指導を受けるようにして、自身の身体に服用する危険性がないことを確かめてから、正しくED治療薬を利用するようにしたほうが良いのは明らかです。