man

海外医師の処方

医師処方も危険な海外

ED治療薬は海外でも医師の処方が必要な治療薬です。
しかし東南アジアやアフリカあるいは南米などの第三者国では、たとえ薬局であってもED治療薬が医師の処方が必要と知らない薬局もあり、さらに自分のところで販売しているED治療薬が偽造品だと知らないで販売しているような危険性の高い薬局も多々あるのです。
海外においてはたとえ医師の処方があってもED治療薬を購入服用することはそれほど危険性の高いことなのです。
ここまでくるとさすがに日本でもバイアグラの危険性は本当にないのか?という疑問が湧いてくると思いますが、ファイザー社によると日本製のバイアグラの偽造品はこれまでまだ発見されたことがないそうです。
危険性の高い日本製のバイアグラの偽造品が出回らない理由の1つとして日本製のバイアグラの形状が違うということが挙げられるでしょう。日本製の場合、他の国のものと形状が違うのです。
偽造品が多いのはやはり米国製のもので、有効成分が100 mgのボトルタイプのものです。これがなぜ動く偽造されるかという理由はその形状の問題ではなく、その販売マーケットの大きさの違いだといいます。
やはりアメリカの方が日本に比べてバイアグラのマーケットは圧倒的に大きいのです。その理由はやはりEDに対してアメリカの方が日本の男性のようには恥ずかしがらずオープンに治療をする傾向にあるからだといいます。
どちらにしても海外のインターネット市場に出回っているバイアグラの半分以上は偽物であると言われています。バイアグラに限らずED治療薬を試すためには必ず(できれば日本国内の)医師の処方をしてもらうことが万が一の危険性のリスクを回避する最善策なのです。