コンプレックスを改善しようEDの症状、治療、内服薬

海外医師の処方

ED治療薬は海外でも医師の処方が必要な治療薬です。しかし東南アジアやなどの第三者国では、たとえ薬局であっても医師の処方がない薬局での販売もあり、販売しているED治療薬が危険性の高い偽造品だと知らず販売している薬局もあります。

詳しく読む

製品に対する事実誤認

ED治療薬のネット購入は非常に危険ですが、ネット購入でなくてもバイアグラなどED治療薬は危険性があると誤解していらっしゃる方もかなり多いのです。その最大の原因はバイアグラが販売されたときの日本のメディアにおける報道の影響です

詳しく読む

中国製バイアグラ

個人輸入でED治療薬バイアグラを購入した場合、医師の処方箋が必要なく購入できてしまいます。そして日本で個人輸入できるバイアグラのほとんどが中国製の危険性の高いバイアグラで、かつその95%が偽物だと言われています。

詳しく読む

安心のルートを利用

危険性と見極めポイント

HO(世界保健機関)による調査ではインターネット上で違法に販売されているED治療薬も含めた薬品内半分以上は偽造品であると報告されています。このような偽造品はマフィアや暴力団などの資金源になっていることが多いため、密売が後をたたないわけです。
このような偽造品に対する危険性についてバイアグラの製造販売元である製薬会社ファイザーによると偽造品の場合、検査工程のない工場で生産されていることがほとんどのため、中古の攪拌機などによる成分混合を行ったりするなど、製造場所も非常に不衛生な環境の場合である可能性が非常に高いです。
実際に偽造品のバイアグラ製造現場の写真を入手していますがその光景を見ると愕然とする様な状況です。
そのような環境で生産されるにもかかわらず全く検査なしで出荷される為、殺虫剤などの有害物質や発がん性物質などの有害物質が含まれるケースが多々あるといいます。
しかし、その製造方法が外見上非常に巧妙に作られているため素人ではほとんど正規品と見分けがつかない状態で、我々専門家でも判別がつかないケースもあるということです。
このようなことからもバイアグラに限らずED治療薬を単に恥ずかしいという理由で、インターネットで購入することがいかに危険性の高いことであるかをご理解いただけると思います。
ですから絶対にネットショッピングではED治療薬を購入しないことをおすすめいたします。
ネット販売による個人輸入で購入してしまった場合、もし万が一副作用等や後遺症などが残ってしまった場合でも、すべて自己責任となり、保険会社も全く関知しない状態になってしまいます。

ならばどこで買うか

ED治療薬を購入するときに偽造品のリスクがあるとわかれば、個人輸入を利用するのは問題が大きすぎるということも自ずと見えてきます。ですが、ED治療薬を必要とする男性は少なくありません。
危険性についての認識をした上で、それならばどこで買うかという問題が出てくる点に関しては、医師の処方を受けて正規品を購入するようにすれば問題が簡単に解決できます。正規品の製造環境は偽造品のような粗悪な環境ではなく、安心安全を提供できる環境で厳しい製造基準を設定されているため、粗悪品の危険性にさらされることはまずありえません。
加えて、現在では男性の心情に配慮したクリニックもある上に、EDという症状そのものの認知度も高まっています。よって、症状について診察を受けやすい状況が従前よりも整っている状況です。危険性から開放されて安心したいなら、クリニックの処方する正規ルートのED治療薬を服用するようにしたほうが良いということは、見落とせないポイントだといえます。